078-413-5828
【弊社求人情報】保育所等訪問支援員(ST/OT/心理)

【空き枠情報/本山ルーム】固定枠の2枠を募集します。併せてゆずで実施している発達検査についてもご紹介します

5月27日現在の、本山ルームの空き枠状況についてご案内いたします。

ご利用終了となる方がおられるため、5月末で2席の空き枠が出る予定です。

6月以降のご利用開始となりますが、ゆずのご利用をお考えの方は、どうぞご連絡ください。

 

ところでゆずでは、ご利用開始後より、認知言語促進プログラム(NCプログラム)による発達検査を行い、チャートを用いてお子様の現在の発達段階を評価します(ゆずでは全てのスタッフが医学的根拠に基づき発達検査を行います)。

また、検査終了後、担当者よりお子様の得意と苦手、今後のプログラム目標などについて評価チャートに則ってご説明します。

 

療育センター等で実施される新版K式テストは、大まかにお子様の発達段階を知るためには、有効なテストですが、ざっくりとした評価のため、日常の中で汎化していくことが難しいという問題があります。

NCプログラムは、その新版K式テストをより詳細(新版K式は3項目・NCプログラムは6項目)な項目に分けて評価を行うため、よりお子様の「得意」「苦手」「課題」が分かるようになっています。

 

また、新版K式テストは(療育センターでの発達検査は)、1日(短時間)で実施されるため、その日のお子様の状況(睡眠不足や疲労度合い、ご機嫌など)によって、正しい結果が出ないことがあったり、またテスター(検査者)の検査結果を読み取る力(スキル)の差によっても、現状とは違う結果が出ることがあります(もちろん大きく変わることはありませんが、テスター(心理士さん)の読み取る力の差は出ます)。

NCプログラムは、1ヶ月程度(少なくとも4回〜5回に分けて)かけてじっくりテストするため、新版K式テストでみられる「差」を埋める検査としても活用していただけます(新版K式テストとNCプログラムテストを併用すると、お子様の特性が明確に分かります)。

 

ゆずの個別療育を受けられる方は、ほぼ全員の方に対してNCプログラムテストを行います(知的に重度な場合は難しいことがあります)ので、新版K式テストを受けたけれど疑問が残っている方、新版K式テストを受けたけれど日常の中でどう取り組めばいいのか教えてもらえなかった、という方は、ぜひゆずでNCプログラムテストを受けてみてください。

また、テスト結果だけでなく、具体的なお子様に合った遊びプログラムもNCプログラム結果からお教えしますので、ご家庭での遊びにも取り入れてあげてください

 

なお、時々「NCプログラムだけ受けられますか?」というお問い合わせをいただきますが、NCプログラムテストだけを受けていただくことはできません

 

ご見学のお申込みは、下記フォームから、またはお電話でご連絡ください。

※担当:本山ルーム:工藤

お電話はここをタップ

    必須ご連絡内容 児童発達支援事業(通所)の見学を希望します保育所等訪問支援事業について相談したい訪問リハビリ(居宅訪問型児童発達支援)について相談したい質問があります
    必須ご希望の事業所
    ※居宅訪問型児童発達支援は本山ルームのみ
    必須保護者お名前
    必須メールアドレス
    必須お電話番号
    必須お子様の年齢
    ※小学生、中学生は保育所等訪問支援事業、居宅型児童発達支援事業のみ
    任意お子様の様子・ご質問等