078-413-5828
【求人情報】言語聴覚士・公認心理師・臨床心理士

幼児期は、体と脳の基礎を作る大切な時期です。

発達支援ゆずは、神戸市東灘区にある、発達に遅れにあるお子様と保護者のための児童発達支援事業所です。神戸市立の療育機関(神戸市総合療育センター)に長年勤務した代表の西村(ゆずのおっちゃん)が率いる「自己肯定感の高い子どもを育てる」ことをモットーとしている事業所です。認知・言語促進プログラム(NCプログラム)を主軸とした評価とプログラムで「親子で学べる療育サービス」をご提供します。幼児期は、体と脳の基礎を作る大切な時期です。将来、後悔することのないように、今できることを考え、取り組ませてあげましょう。

見学申し込みフォーム

最新YouTube動画

2歳半でまだ言葉が出ない!3歳までは大丈夫?言語聴覚士が教える、療育機関に相談にいく時期の見分け方

【2019年最後のお仕事】神戸新WEB「まいどなニュース」で記事が公開されました!「授業についていけない…」その原因は「目」にあるかも? 間違い探し絵本やボール遊びで楽しくトレーニングを

【理学療法士が教える】子どもの姿勢を良くするには、体の中心の線「正中線」を意識させよう!簡単にできる取り組み方もご紹介!

YOUTUBE過去動画一覧はこちら

YOUTUBEチャンネル「こども発達LABO.」はこちら


療育や進路を考える時のポイント

ゆずグループ代表のゆずのおっちゃんの講義動画より一部抜粋。神戸市総合療育センターにある「まるやま学園」の保護者会様よりご依頼をいただき、「子どもの体と言葉の発達について」「療育の考え方について」の講義してきました。療育について悩んでいる方は、参考にしてください。

講義のご依頼は、代表者プロフィールのページから。

ゆずグループ代表プロフィールゆずグループ代表プロフィール

BLOG

【お知らせ】神戸新聞WEBまいどなニュースの記事更新。今回は「発達段階別!言葉を引き出す絵本選びのコツ」 【保護者勉強会のお知らせ】「コミュニケーション力を引き出すコツ」2/9(日)※ご利用者限定 これは素敵なクリスマスツリーだ! 【お知らせ】神戸新聞WEBまいどなニュースの記事更新しました。今回のテーマはきょうだい児の自己肯定感を高める際の留意点 【お知らせ】神戸新聞WEBまいどなニュースの記事更新しました。今回はボディイメージと学習がテーマ 療育の本質は「灯りを照らすこと」。できないことを指摘するだけの療育なら受けないほうがマシ 【You Tube動画】理学療法士が教える!多動のお子さんを、落ち着いて座らせるコツ 【YouTube動画】【言語聴覚士さんに聞く】「お帰り」と「ただいま」を正しく教えるポイント~逆さバイバイを直す方法も併せて紹介~ 【YouTube動画】折り紙で作ったお弁当をいただきました! 【メディア出演情報】9/18テレビ大阪さんの「やさしいニュース」の特集コーナーで、ゆずのおっちゃんの取り組みが紹介されます

記事一覧へ

ゆずが個別療育を大切にする理由

1.一人ひとり、課題や目標が違うから
2.お子さんの特性を伸ばすためには、マンツーマンでの丁寧な関わりが必要だから
3.保護者の方にもお子さんの伸ばしてあげるべきところを知っていただきたいから

Information

ACCESS


※当施設には駐車場・駐輪場がありません。自動車でお越しの方は、近隣のコインパーキングを、自転車でお越しの方は、摂津本山駅南側の駐輪場をご利用ください。

療育フォーラムに参加しませんか?

療育フォーラムは、ゆずグループが主催するFacebookグループ(非公開)です。
保護者や支援者など、療育に関係する人が参加し、療育について自由にコミュニケーションができる「しゃべり場」です。

※どなたでもご自由にご参加いただけますが、参加するにはFacebookアカウントが必要です。

療育フォーラムに参加する!