078-413-5828
【求人情報】心理士/作業療法士/言語聴覚士 1名

読売新聞でゆずの取り組みが紹介されました

2019年2月28日の読売新聞(兵庫県版)に、発達支援ゆずの記事が掲載されました。 読売新聞をご購読の方は、ぜひ読んでみて下さい。

詳細はこちら

できない理由を探さない。できる方法を考える。

発達支援ゆずは、神戸市東灘区にある「神戸ことばとからだの発達相談室ゆず」が作った、発達に遅れにあるお子様とママさんのための児童発達支援事業所です。神戸市の療育機関に長年勤務した代表の西村が率いる「自己肯定感の高い子どもを育てる」ことをモットーとしている事業所です。個別療育を重視したサービスを展開します。

発達支援ゆずの最新YOUTUBE動画

「子どもの体と言葉の発達について」「療育の考え方について」の講義動画より一部抜粋。神戸市総合療育センターにある「まるやま学園」の保護者会様よりご依頼をいただきました。

講義のご依頼は、代表者プロフィールのページから。

ゆずグループ代表プロフィール
◆就学支援を担当する心理士岩井が、学習支援の進め方の一例をご紹介しています。岩井の学習支援担当は、毎週水・木曜日です。

◆意外かもしれませんが、体の発達と学習は相互関係があります。そして発達において最も大切なことは、「子どもに失敗を経験させること」です。
失敗経験を積むことで、「失敗と成功の違い」がわかるようになるのです。だから、療育において「子どもが失敗すること」はとてもいいことなのです。

BLOG

【まだ療育で消耗してるの?】療育の本質は「苦手の克服」ではなく、「得意をもっと伸ばすこと」。無限の可能性を引き出せ! 【学びたいママさんへ】ゆずのおっちゃんをフォローして、子どもの発達や療育について学ぼう 【活動報告】運動発達の講師として活動してきました。発達凸凹のお子さんの運動評価のポイントも教えます NHKのあさイチさんに、ゆずグループ代表西村が出演しました 【まだ療育で消耗してるの?】「集団療育と個別療育、どちらが大切?」にお答えします 読売新聞に、発達支援ゆずの紹介記事が掲載されました 【お知らせ】小集団クラスの募集を開始します【運動・プレ幼稚園・就学/学習支援】 【お知らせ】「岩井先生の遊びと学びの教室(プレ幼稚園)」のご利用者を募集します 読売新聞に発達支援ゆずの記事が掲載されます パズルのピースをよく無くすなら、いっそのこと予備を作ってしまいましょう!

記事一覧へ

ゆずが個別療育を大切にする理由

1.一人ひとり、課題や目標が違うから
2.お子さんの特性を伸ばすためには、マンツーマンでの丁寧な関わりが必要だから
3.保護者の方にもお子さんの伸ばしてあげるべきところを知っていただきたいから

Information

ACCESS

療育フォーラムに参加しませんか?

療育フォーラムは、ゆずグループが主催するFacebookグループ(非公開)です。
保護者や支援者など、療育に関係する人が参加し、療育について自由にコミュニケーションができる「しゃべり場」です。

※どなたでもご自由にご参加いただけますが、参加するにはFacebookアカウントが必要です。

療育フォーラムに参加する!

ゆずグループは子育てを応援しています

発達の遅れが心配なお子様とママさんのための相談室

発達障害・学習障害のお子様に特化した個別学習塾

子どもの姿勢や体作りのコツが分かる情報サイト

子どもの発達について学べる情報サイト