078-413-5828
【採用情報】心理士・保育士・児童指導員【常勤・非常勤】

【西村猛の質問箱】足の裏が床に歪んで付くのが気になる!医師に見てもらう時、発達特性は伝えたほうがよい?

西村猛からのご返答

発達障害のあるお子さんの中には、足の裏が床に対してまっすぐにつかず、歪んでつく方が一定数おられます。

 

多くは、足の親指側の足の裏が床につき、小指側が浮きがちになる「外反扁平」という現象が見られます(中には、親指側の足裏が浮き気味になる方もおられます)。

 

こういった現象は、幼児期の頃には見過ごされることが多いですが、成長とともに足の歪み、痛みなどが目立ってくることで、問題が表面化してくることがあります。

 

そのため、できるだけ早いうちに問題に気付き、対処してあげることが大事だと思います。

 

息子さんは中学生で、痛みも自覚されているとのことですので、足の歪みも含めて、整形外科医の判断を仰がれることをおすすめします。

 

なお、発達特性のことを医師に伝えることについては、特にマイナスにならないと思いますので、お伝えしてもよいのではないでしょうか。

 

発達特性に詳しい医師であれば、そのことも踏まえて足の診察をしてくださることと思います。