078-413-5828
【求人情報】児童発達支援管理責任者1名【ここをタップ!】

ご利用案内

概要

名称

◆発達支援ゆず 本山ルーム

場所

◆神戸市東灘区本山中町4-18-14

対象者

◆未就学児※原則親子で参加です。送迎はありません。

定員

◆1日あたり10名まで

療育内容・提供時間

◆療育種別:マンツーマン療育(言語・心理・保育)または小集団保育 ※下記「サービスプログラム」参照

療育内容:言語聴覚療法(言語聴覚士)、就学支援プログラム(心理士)、保育/就園支援プログラム(保育士/指導員)

◆開所日:月曜日~金曜日 ※土日祝はお休みです

◆開所時間:9:00~12:00/13:00~17:00

利用料

◆利用者負担額は、利用料の1割です。

負担額には上限が定められています。

生活保護受給世帯・市町村民税非課税世帯: 0円
年間収入がおおむね890万円以下の世帯:4,600円
年間収入がおおむね890万円を超える世帯: 37,200円
※利用回数が増えても、上記の料金以上はかかりません。

サービスプログラム

個別療育(45分〜60分)

個別保育 担当:保育士/指導員
  • 2~4歳児が対象です。
  • 保育士によるNCプログラム評価を行い、お子さんの発達特性および発達凸凹を評価します。
  • 評価結果から、お子さんの持つ特性をより引き出すための保育プログラムを検討、実施します。
  • 半年クールで振り返りを行い、次クールへの課題設定を行います。
  • 親子(特に母子)の愛着関係構築や、保護者の方にお子さんの状況や関わり方を理解していただくために、原則親子でプログラムを受けていただきます
個別言語聴覚療法 担当:言語聴覚士
  • 4~6歳児のうち、保育士が行うNCプログラム評価により、言語聴覚士による言葉やコミュニケーションのスキルアップが必要と判断されたお子さんが対象です。
  • 言語聴覚士による詳細な評価を実施し、お子さんの課題の底上げを行なうプログラムを実施します。
  • 週1~2回の高頻度で、半年クールでレッスンを受けていただきます。
  • クール終了後、振り返りを行い、次クールへの課題設定を検討します。
  • 課題クリアとなれば、終了となることがあります。
就学支援プログラム 担当:心理士
  • 5~6歳児のうち、就学に向けて個別的な取り組みが必要と思われるお子さんが対象です。
  • 学校心理士による発達評価を実施し、就学に向けての課題の底上げ、学習準備プログラムを実施します。
  • 週1回の高頻度で、半年クールでレッスンを受けていただきます。
  • クール終了後、振り返りを行い、次クールへの課題設定を検討します。
  • 小学校入学へ向けて、必要な機関との連携を行います。

集団療育(1クラス3人まで)

◆「幼稚園への入園」「小学校への就学」がスムーズに行えるようなスキルアッププログラムを実施します。
◆保育士/指導員を主軸に、言語聴覚士や心理士が必要に応じて支援をバックアップする「チームアプローチ」を行います。
◆入園や入学に向けて、幼稚園の先生や学校の先生などとも必要な連携を行い、お子さんのスムーズな就園・就学を徹底サポートします。

プレ幼稚園コース(2~3歳児)

幼稚園の入園を目指し、スキルアップを図ります。

・幼稚園入園後に必要となるスキルの向上を目指します。
・集団生活への適応を促進するプログラムを実施します。
・運動能力や指先の器用さなど、入園後の活動に役立つスキルの向上を目指します。
・子ども一人ひとりの個性の尊重し、「認められる喜び」が実感できるような取り組みを行います。
・保護者間の交流を推進し、子育ての不安を安心に変える取り組みを行います。

就学支援コース(5〜6歳児)
小学校入学に向けてスキルアップを図ります

・集団生活への適応能力向上を目指します。
・集中力の向上につながる取り組みを行います。
・他者への関心、友達との関係性作りの基礎を養います。
・自分の気持ちを伝えるなど、コミュニケーションにおけるスキルの向上を目指します。
・自分の名前を書ける、簡単な計算ができるなどの学習準備も行います。
・お子さんの状況やプログラムの目的により、親子分離を行なうことがあります。

ゆずのおっちゃんの相談室(代表西村の療育・子育て相談)

  • 療育に関するお悩みごとに対して、方向性や考え方のアドバイスを行います。
  • 発達に関する不安ごとをお伺いし、最善の方法を一緒に考えます。
  • 幼稚園入園や小学校進学など、進路のお悩み相談にもお乗りします。

ゆずの療育における3つの考え方

  1. 子どもは本来、地域社会の中で育てるもの。
  2. 足りない部分は個別療育で底上げをすればいい。
  3. 療育と地域社会が連携すれば無敵。

ゆずの療育の進め方

  1. まずは評価法(NCプログラム)に則って、正しくお子さんを評価する。
  2. 評価から見つけ出された課題設定をする。
  3. 継続した取り組みと定期的なフィードバックを行なう。

ゆずが採用している5つのプログラム

リトミック(ゆず改編)
音楽を使って「情操教育」「音感教育」「生活習慣」が自然に身に付くよう開発された教育法です。ゆずでは理学療法士が監修のもと、体幹機能や運動能力の向上に効果のあるオリジナルプログラムを実施します。
NCプログラム(ゆず改編)
言語発達に必要な6つの領域(視覚操作・言語(理解・表出)・記銘(視覚・聴覚)・文字(読字・書字)・数・運動)を評価・指導するための認知・言語促進プログラムです。ゆずでは、言語聴覚士が監修のもと、より効果的な評価方法および指導プログラムを実施します。
TEACCHプログラム
自閉症のお子さんが、地域社会で自立した生活を行えるような支援方法(実践例:構造化・視覚支援・保護者や関係者支援など)です。
SST(ソーシャルスキルトレーニング)
発達障害のあるお子さんが、地域社会の中でより快適に暮らしていけるようになるためのスキルアッププログラムです。
就学支援プログラム
5歳以降のお子さんに対して、学校への進学を視野に入れた個別の取り組みを行います。具体的な指導内容としては、ひらがなの読み書き・1〜10までの数を覚える・友達への声かけややりとり・先生の指示が理解できる、などの学習スキルや社会性のスキルアップを図るプログラムです。

本山ルームパンフレット

タップしてください(PDFファイル)

ご利用開始までの流れ

  • STEP1
    区役所に行く
    まずは、お住まいの区役所にご相談ください。担当課は、健康福祉課あんしんすこやか係です。
  • STEP2
    相談支援事業所で支援計画を立ててもらう
    相談支援事業所でお子さんの状況などから、支援計画やサービス提供量について決定します。サービス利用が認められれば、区役所から受給者証が発行されます。
  • STEP3
    発達支援ゆずに連絡する
    お電話・見学申し込みフォームからご連絡ください。
  • STEP4
    ゆずの見学・面談
    見学と面談の上、ご利用についてご検討下さい。
  • STEP5
    利用開始
    通所が正式に決定しましたら、利用開始となります。

ACCESS

ご見学の申し込み

■ご連絡内容(必須)
見学を希望します見学の前に質問があります

■ご希望の療育内容(必須)
個別保育個別言語聴覚療法個別就学・学習支援プレ幼稚園コース(小集団)就学支援コース(小集団)まだ決めていない


■ご質問等

この内容で送信してよろしければチェックを入れてください。