発達障害児のための個別学習塾「寺子屋ゆず」2024年4月リニューアルOPEN!

愛媛県で活動されている放課後等デイサービス事業所さんの「青藍学舎」様が、ゆずのご見学に来られました

発達支援ゆずでは、児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所様のスタッフ様向けコンサルティング事業児童発達支援事業所の設立サポートを実施しています。


さて、このたび「青藍学舎」様から、オーナーの越智裕之先生、クラスマネージャーの松浦めぐみ先生が、ゆずの療育実践場面のご見学にご来所されました。

青藍学舎様は、愛媛県今治市にある放課後等デイサービス事業所様で、今後未就学のお子さんへのケアにも力を入れていきたいということで、ゆずのコンサルティングサービスをご利用くださっています。


月に1度、スタッフ様とオンラインミーティングをさせていただくのですが、実際の療育場面でのお悩みごとやご質問を多くいただきます。

また、日々の文字チャットでのやり取りでは、具体的なお子様への対応方法や、知識向上に関することなど、積極的にご質問いただくなど、真摯に療育に向き合っておられます。


そして何よりこのような社風を構築されたのは、やはりオーナーの越智先生の療育にかける熱い想いがあったからだと思いました。

余談ですが、ゆずのおっちゃんは、越智先生のような理念高い、そして気品高い気持ちではなく、「ブラック療育を撲滅したい」という不純な理由で起業したようなものですので、本当にお恥ずかしい限りなのです💦(ブラック療育を、ぶっこわーす!(笑))


ご見学だけでなく、ゆずの運営手法や児童発達支援事業の奥深さなどについても熱心にご質問いただき、おっちゃんからは「ゆずの失敗から学んだこと」として色々とお話させていただきました。


また、療育実践の手法については、本山ルーム児発管兼人事管理課長の松岡より、ゆずの療育実践で大切にしていること、スタッフ育成に関することなども、ご紹介させていただきました。

お二方とも、メモを取りながら熱心にお聞きくださいました。

ここだけの話ですが、青藍学舎様は地元ではご利用者の多い人気の事業所様なので、その人気の秘訣について聞きたいなあと、おっちゃんは密かに思っていたのです(笑)。ご見学に来られている方に、色々と逆質問するのは失礼かと思ったので、控えました(笑)。


最後は、越智先生・松浦先生と一緒に記念写真を。


ゆずができることは少ないかもしれませんが、青藍学舎様のように「本当に喜ばれるサービスを提供したい」と真摯に事業に向き合っておられる事業所様に対して、私たちのできる限りのサポートをさせていただければと思っています。


最後になりましたが、越智先生・松浦先生、ご遠方からのご来所、ありがとうございました!

今後の益々のご発展を祈念しております。

青藍学舎様のホームページはこちら