078-413-5828
【採用情報】心理士・児童指導員・児童発達支援管理責任者【常勤・非常勤】

療育の本質は「灯りを照らすこと」。できないことを指摘するだけの療育なら受けないほうがマシ

自費サービスの「神戸ことばとからだの発達相談室ゆず」のサービスは、これまでスタッフの不在につき、暫時お休みしていました。

昨日より、子育て相談と運動発達評価のサービスのみ再開しました。

そして、早速ご利用者がいたのですが、そのご家族はなんと、飛行機に乗って、私に会いに来てくれました。

 

遠路はるばる来てくださったのには、理由がありました。

相談できる場所が、お住いの街にないそうです。

療育機関はあるのですが、具体的なアドバイスももらえず、不安な毎日を過ごされていたそうです。

そんな保護者の方のお話を伺いながら、改めて確信したことがあります。

 

療育の本質は、灯りを照らすことです。

できないことを指摘するだけの療育なら、受けないほうがましです。

「どうすることが、この子の命を輝かせることにつながるのか」

療育関係者は、その視点を忘れてはいけないと思います。

お手伝いでもなければ、指導者でもない。

「寄り添う」という形こそが、療育のあるべき姿です。

 

そして、ゆずは、これからも療育界の異端児であり続けます。

ぜひ記事を読んでみて下さい。

あなたの心に響けば嬉しいです。

運動発達評価に、飛行機に乗ってお越しくださいました!そして改めて誓ったこと。「ゆずは療育界の異端児であり続けます」