【ゆず代表コラム】面接時に印象が悪くなるので、避けたほうがよいこと3選

株式会社ILLUMINATE代表の西村です。


私はこれまで、多くの方の求人面接を実施してきました。

その中で、「惜しいなあ。イメージ崩しちゃったなあ」という方や、反対に「こんな優秀な人、ぜひ入職してほしいなあ」という方まで、色々な方と向き合ってきました。

そこで、今回は、面接官の立場から療育事業所の求人に応募しようと考えておられる方に向けて、「避けた方がよい対応」3つをご紹介します。

ぜひ、お読みいただき、これからの就活に活かしていただければと思います。


なお、この3選は、私の個人的意見がぎっしりです(笑)。

そのため、この通りに行動されて失敗したからといって、私に苦情を言ってこられても困ります(笑)。

自己責任でお願いします。

【避けたほうがよいこと①】前職の悪口を言う

「なぜ、今の職場を辞めて、弊社を受けようと思われたのですか?」という質問は、ほぼ100%出る質問だと思います。

その時にあなたは、どのように答えますか?

今の職場は、自分のやりたいことができないと感じています

御社では自分の理想とする仕事(療育)ができるのではと感じたからです

現職場のオーナーは、利用率(売上)のことばかり言って、きちんと療育をする気持ちがないように感じています

これらはすべてアウトになる確率が高い発言です。

なぜなら、「この方は、他責の方だな」と思われてしまうからです(少なくとも私は、こういった発言があった時点でそう思います)。


今の職場は、自分のやりたいことができないと感じています
→そもそも職場というのは、「あなたのやりたいことを実現する場」ではありません。また「あなたのやりたいこと」が本当に正しいかは分かりません。あくまでも主観的なものの見方です。


御社では自分の理想とする仕事(療育)ができるのではと感じたからです
→一見好印象の発言に聞こえますが、「うちの会社は、あなたの理想の実現のために存在しているのではありません」と思われてしまいます。
※理想が合致するのは、とてもいいことです。ですが、「御社の理念に賛同した」というのと、「御社は私の理念と同じだ」というのは、全く別ものです。

現職場のオーナーは、利用率(売上)のことばかり言って、きちんと療育をする気持ちがないように感じています
→オーナーは売上を確保する(利益を確保する)ことが、最大の仕事です。だって、利益がないと社員へ還元できないですからね。会社の仕組みを理解していない人だな、と思われてしまいます。

面接官は、未来の話を聞きたいのです。

つまり「自社のどこに賛同してくれたのか」「自社でどんなことをしていきたいのか」が聞きたいのです。


前の職場のグチを言う人は、置かれている環境のグチを言う人です。つまり、未来志向ではなく、過去に引きずられる人です。


つまり、置かれている環境がここ(自社)に変われば、「今度はうちの会社のグチを言うことになりそうだな」と思われてしまいまうことにつながりかねません。


余談ですが、私はこういった方には、「へえ、そんなに酷い職場なんですかあ?」「オーナーさんも、それはないですよねえ」と話を合わせてみます。

その時に、「ハッ」と気づく方と、「そうなんですよ!この前もね・・・」と嬉々としてグチ大会が始まる方があります。

後者は、もちろんその時点で「不採用」の判断となります。

【避けたほうがよいこと②】「他にも受けています」と言う

他に受けてはいけない、と言っているのではありません。

複数受けるのは、安全確保の意味からも大切なことです。ご自分の人生ですから大切なことだと思います。


問題は、それを面接で言うことです。

なぜなら、面接官は「御社しか受けていません!」と聞いても、「あ!そうなんだ、良かった。安心した」なんて思わないからです。


だからこそ、「他にも受けています」と言った瞬間、面接官は不安になるはずです。

「他に受けているところで内定が出たら、そっちへ行くかもしれないな。じゃあ急に人が足りないという事態になるかもしれないな。リスクが高いので、この方は避けておこう」と事業運営の観点から、ネガティブな思考になると思われます。



もちろん、他に受けていますと言われなかったとしても、「普通は他にも受けているよね」というくらいの気持ちで考えています。「いつ内定を辞退されることになるか分からないな」と予防線を張っているのが普通です。

そんな状況で自ら「他にも受けています」と宣言することは、面接官からするとプラス要因になることは、ゼロです。

いわゆる「口が滑る」ことがないように、注意が必要です。

【避けたほうがよいこと③】質問しない、または「特にないです」とだけ答える

面談の中で、「全く質問をしない」のはあまり好印象にはつながらない、ということは誰もが理解できることだと思います。

適宜、話の中で「◯◯について、もう少し詳しく教えていただきたいのですが」「△△について、お尋ねしてもよろしいでしょうか」など質問を入れていくことで、面接官は「目的意識を持って、うちの会社に応募して来てくれたな」と良い印象を持ってくれると思います。



また、話の区切り、あるいは面接の最後に「質問はありますか?」と聞かれる場面があると思います。

面接官が「質問はありますか?」と聞く理由には、2つの意味があるからです。

  1. こちらの伝えた話しがちゃんと伝わっているか(こちらが上手く説明できているか)を知りたいから。
  2. 応募者の状況判断力やまとめる力を知りたいから。

①の質問に対しては、(特に内容に問題がなく、理解できていれば)無理に「あります!」という必要はありません。

しかし、答え方として「ありません」だと、「この人は自主性がないのかな?」と誤解されることにもつながります。


話の内容をきちんと理解できている場合は、以下のような答え方がいいでしょう。


「ありがとうございます。分かりやすくお話してくださいましたし、適宜ご質問させていただきましたので、よく理解できました」

このように答えると、「理解をしてもらえたな」と判断され、質問はありませんという答えが、むしろ「理解力がある方のようだ」という認識につながる(つまり好印象になる)ことも考えられます。


もちろん、もう少し知りたい、もう一度説明してほしい、と思うことがあれば、遠慮なく聞けばいいです。

だって、面接官が質問はありますか?と聞いているのですから、「聞いていいのかな?」なんて遠慮する必要はありません。

むしろ、きちんと知りたいことを質問することで、「この方は、うちでの仕事をきちんと理解しようとしているな」と、これもまた好印象につながるからです。


②については、面接の最後にこの質問をすることで、応募者の方の「全体を振り返る力」や「自分を客観的に見る力」を見ようとしていることがあります。


数十分の面接を通して、全体を振り返り、その中で聞き漏らしたことがないか、自分が聞きたいと思っていたことは聞けたか、などを瞬時に見極め、漏れがあればきちんと質問する、といった力があるかどうかを見ています。


もちろん、振り返りの中で、「聞き漏らしたことがあった」と思えば、「一つお尋ねさせていただきます」と答えましょう。

面接官は「疑問点をそのままにせず、きちんと理解しようとしている方だな」と好印象を持つでしょう。


質問が特になければ①と同じように、「ご説明いただいた内容をよく理解できましたし、また私の方からお尋ねしたいと思っていたことはすべて伺うことができましたので、他に質問はございません」と言えば、「自分を客観的に見ることができる方だな」と、こちらも評価が上がります。

つまり、質問の有無で判断しているのではなく、あるならあるで、どのように答えるか、ないならないで、どのように答えるか、という「答え方」を見ています


以上、私の経験から見た、「面接時に避けたほうがよいこと3つ」をご紹介しました。

要は、自己視点に立って話すのではなく、相手(面接官や相手の会社)の立場にたって話すことがポイント、ということになります。

よかったら、参考にしてください。


これから面接を受ける方が、希望の職場に夢と希望を持って入職できることを願っています。