発達障害児のための個別学習塾「寺子屋ゆず」2024年4月リニューアルOPEN!

【スタッフブログ】ご利用者様を楽しませる前に、ゆずスタッフが楽しむこと!それがゆずの社是!【人事管理課長松岡】

この記事を書いた人

本山ルーム

松岡実樹(児発管/課長)

保育士としてゆずに入職後、主任を経て現在課長としてチームゆずを牽引する。NCプログラムの発達検査にも詳しく、スタッフ指導においても活躍。保護者からの信頼度が抜群に高い。

こんにちは。発達支援ゆず人事管理課長の松岡です!

早速ですが、「こんなこと♪こんなこと♪できますか?」←保育遊びの歌です😊

まずは本山ルーム言語聴覚士の山本桃華です!

そして。

本山ルーム保育士の弓立です。

これ、無理やりやらされているのではありません!!

自らです!😅


「こんなことできる職場って、ゆずしかないでしょ」って、思っています。

しかも、自ら!

こんなことを自然にできる職場環境って、どうなの?って思いますか?

私は、素敵だと思います。

「子どもを楽しませるためには、保護者の方に楽しんでもらうこと、そしてその前に社員が楽しむこと」がゆずの社是なのです。


それから「何もできていない〜」と課長のいる前で堂々と話すスタッフ(笑)

課長の前で、言わないですよね?普通は。

でも、それを言えるのが、ゆずなのです。


私は知っています。

そのスタッフは決して手を抜いているのではない、ということを。

何もしていないのではない、ということを。

そして、全力で1日を過ごしていることを。

ちゃんと見ています。努力を重ねていることを。


「互いに認め、高め合う」

それが、発達支援ゆずなのです。

そうです。

代表以外、とっても真面目なのです!(キッパリ)(笑)