078-413-5828
【ゆずの保育所等訪問支援事業】訪問支援員は全員ベテランセラピスト!小学校・中学校のお子さんもご利用可!(詳細はここをタップ)

王子公園ルームの窓に、何やら不可思議な文字「くもはふきとばされる」。何じゃコレ?

発達支援ゆず王子公園ルームは、阪急王子公園駅から徒歩すぐのところにあります。

山手幹線沿いにあるので、視認性は抜群です。

で、先日王子公園ルームに立ち寄ったのですが、窓の隅に何か文字が・・・。

くもは。。。。??なんだ・・・・・・・・・??

 

もう少し拡大してみましょう。

くもは ふきとばされる

????

よく見ると、くも(蜘蛛)の絵も見えます。

児童発達支援事業所にふさわしくない、何かのキャッチコピーのような文字。。。

急いで階段を駆け上がり、スタッフに「くもはふきとばされる」って、何コレ?と聞きました。

 

児発管の松岡曰く、「私が書きました!」

「なぜに蜘蛛?」

「この前、代表が『この部屋の準備で棚を作っていたら、でっかい蜘蛛がいて、ぼくは蜘蛛が怖いので、知らん顔しておきました』って言っていましたよね?」

「ええ、言いましたよ。蜘蛛、怖いですから」

「だから、書いたのですよ」

「???」

「そんなに意味はないんです(笑)」

「???」

何かの押し問答ですか?

 

とにかく意味はないのだろうな、と思いつつも、ふと気づきました。

「雲の絵も書いている!」

つまり、「蜘蛛と雲」の掛詞で、くもはふきとばされる。

蜘蛛は軽いので、ふきとばされる。

雲は当然、ふきとばされる。

 

持った湯呑をばったと落とし、小膝叩いてにっこり笑い、「そうか、そういうことか!『ふきとばされる蜘蛛と雲』。駄洒落か!」

 

いや、待てよ?

それが、ゆずと何の関係があるのだ?

 

うーん、まあいい。

 

「ところで、窓ガラスには、何かゆずのデザインとか、【発達支援ゆず王子公園ルーム】とか描くのですか?」

「はい。シンプルかつ分かりやすいデザインにしたいと思います」

「なるほど。ではお任せします」

「一つお願いが。ゆずのデザインの横に、代表の『アレの写真』をデザインしてもいいですか?というか、デザインしますので」

「もしかして、本山ルームの窓に貼ってあるアレの類ですか?」

 


※本山ルームのアレです。JR神戸線の電車からバッチリ見えます。この写真の記事は下のリンクから

窓に飾られたプロ顔負け(?)の事業所案内が完成!ゆずのおっちゃんのアレを被った写真も!

 

「そうですよ。それをもう少しデザインします」

「もう好きにしてください・・・」

 

ということで、窓ガラスのデザイン化が進んでいます。

山手幹線の王子公園駅近くを通った方は、ぜひ見つけてみてくださいね。