078-413-5828
【スタッフ募集】言語聴覚士・作業療法士・心理士・児童指導員・保育士・児童発達支援管理責任者

窓に飾られたプロ顔負け(?)の事業所案内が完成!ゆずのおっちゃんのアレを被った写真も!

チャオ!

最近、神戸市の療育センターのスタッフの方が、ゆずのことを「ああ!ゆずのおっちゃんのところね!」と言ってくださっているということを聞き、嬉しくてゴキゲンなゆず代表にしむらたけし(ゆずのおっちゃん)です。

ところで、発達支援ゆず本山ルームは、JR摂津本山駅徒歩すぐの「神戸本山駅前郵便局」さんの2Fにあります。

部屋の窓はちょうどJR神戸線に面しており、電車好きなお子さんには「楽しくてたまらない環境」です。

さて、その窓にゆずの事業所案内を掲示しているのですが、このたびゆずの「手作り作家」でもある児発管松岡の渾身の力作が出来上がりました!

これまでは開所当時に私(ゆずのおっちゃん)が作った、A4の紙に一文字ずつ印刷して貼る、という超古典的な面白みにかける案内掲示だったのですが、今回松岡の提案で刷新することに。

紙ではなく、ラミネートしたものを貼りましょう!

松岡

ゆずのおっちゃん

OK!了解です!
児童発達支援、保育所等訪問支援、居宅型児童発達支援の3つを紹介しますね。居宅型児童発達支援は、「神戸初」ですから、そのあたりももっとアピールしないといけないですね。

松岡

ゆずのおっちゃん

了解!確かに居宅型児童発達支援は、全国でも数少ないし、なんと言っても神戸市初は誇らしい!ここは「どやっ!」って感じで紹介してください!
了解です!あと、文字を貼り付けた後、余ったスペースに代表の写真を貼りたいと思います。

松岡

ゆずのおっちゃん

了解!前もA4の紙に印刷したものを貼っていましたが、そんな感じでいきますか?
いえ、せっかくなので、大きな写真で行きたいと思います!A4サイズ×4です!!

松岡

ゆずのおっちゃん

ひえー、A2ですか!!かなり目立つなあ。電車に乗っている方も見ることができそうかも・・・
もちろんそれも狙いです(笑)。写真は「いつものあれ」を被っているものでお願いしますね!

松岡

ゆずのおっちゃん

了解!どうせなら、もっと沢山の人から笑われたい!電車に乗っている人からも!
その意気です!

松岡

とまあ、こんな感じですっかり乗せられた(?)ゆずのおっちゃんは、A2の写真(つまりA4を4枚)して印刷し、松岡に預けました。

そして、出来上がったのが、こちらです。

※タップすると大きなサイズになります

でた!!

いつものうんちくんハット!!

しかも写真がでかい!

それはさておき。

どうです?この出来。

これ、カラープリンターとラミネートだけで作っているんですよ。すごくないですか?緑の文字と黄色の文字は、もちろんゆずのの色をイメージ。

フォントも、誰にでも見やすいユニバーサルデザインの「UDデジタル教科書体」を使っているあたりが、きめ細やかな心配り。

そして、居宅型児童発達支援には、「神戸市初認可」の文字が。

ゆずの目の前にある踏切の反対側からも、はっきりと文字と写真が見て取れます。

そして、窓の下に行ってみると、よりクッキリ・ハッキリと見ることができます。

とにかく大満足の仕上がりとなりました。

ゆずのおっちゃん

最高な仕上がりですね。今度は、A2より大きな全紙サイズにしてみようかな(笑)
行っときますか!(笑)。実は、代表の写真は本当は向かって右に貼ろうと思っていたのですが、あえて左にしたのです。

松岡

ゆずのおっちゃん

へ?何でですか?
よく見てみて下さい。顔が右を向いていて、ちょうどゆずの文字を見守るような配置になっているでしょう?つまり、「ゆずは僕が守るっ!」という感じに仕上げたのです。

松岡

ゆずのおっちゃん

ギョギョギョッ!!

本当だ!そこまで考えたのかっ!

しかも「ゆずは僕が守る」って(笑)。じゃあ、某警備会社のCMみたいに「壁の上に張り付いて目からビームを出そうかな(爆)

張り付くのは、屋内ではなく、屋外でお願いします(笑)

松岡

ゆずのおっちゃん

ひえーー!屋外はこれからの時期は寒いやん。。。
突っ込むところが間違っています!(笑)

松岡

そんなこんなで、最高の仕上がりとなった事業所案内。

早速、ご利用中のお父さんとお子さんが、部屋の中からマジマジとご覧になっておられたそうです!

ゆずのおっちゃん

ふふふふ・・・。全国広しといえど、うんちくんハットを被った代表のポスターが掲示された事業所はないであろう。うはははは。これをきかっけに療育業界を牛耳っていくぞ!
うんちくんハットを被ることについては、療育事業所として、本当にそれでいいのかどうか賛否両論ありそうです(笑)

松岡

ゆずのおっちゃん

ひえーー!冷静っ!

ご来所、ご見学にお越しの方、本山駅前郵便局にお越しのお客様、ゆずのお子さんやスタッフがいつもお世話になっているお向かいのセブンイレブンの店員さんやお客様、踏切で電車待ちをしている方、通勤通学で摂津本山駅をご利用の方、貨物列車の運転士さん、たまたま通りかかった方、ぜひ2Fの窓を見上げて見てくださいね。

できれば、この素敵な案内をInstagram、Twitter、Facebookなどでご紹介ください!

その際は、紹介したよ!とお知らせください。何か特典を考えておきます(笑)。

それでは、また!

MEMO
居宅型児童発達支援とは、重度障害などをお持ちのお子さんで、感染リスクが高い・外出手段が限定されるなどの理由で療育に通えないお子さんのご自宅に理学療法士や作業療法士などの専門家が伺い、個別療育を実施するという比較的新しい制度です。ゆずでは理学療法士であるゆずのおっちゃんと、作業療法士丸田が担当しています。