078-413-5828
【採用情報】心理士・児童指導員・児童発達支援管理責任者【常勤・非常勤】

【子どもの姿勢を良くするプロジェクト】発達障害のあるお子さんの姿勢の崩れを改善しよう!ゲームアプリで楽しく運動!

こんにちは。ゆずのおっちゃんです。

さて、ゆずのおっちゃんは、子どもの姿勢発達や運動発達の専門家として、日々活動を行っています。

活動のベースは、ゆずのおっちゃんが代表を務める「子どもと姿勢研究所」です。

主に子どもの姿勢学習・運動発達に関する情報発信と、保育士さん向け講義活動を行っています。

 

その中の取り組みの一つとして、「子どもの姿勢を良くするプロジェクト」というものがあります。

これは、画像解析エンジニアで株式会社Acculusの笹尾CEOと、理学療法士でもあるゆずのおっちゃんが、異業種コラボし、「子どもの姿勢を良くする」ための取り組みを行うプロジェクトなのです。

このプロジェクトは、「オリジナルゲームアプリを開発し、それを実践することで、子どもの姿勢を良くしていこう!」という目的を持っています。

 

この度、そのデモ機が完成し、今後色々な子どもへの実践を行っていくことになりました。

 

ところで、発達障害のあるお子さんの場合、姿勢の崩れや体幹筋の持久力の弱さが目立つことが多くあります。

そのような場合、一般的なトレーニングでは、強化することはできません。

なぜなら、「筋力が弱いといった単純な問題ではないから」「苦手なことを無理やりさせても、効果的でないばかりか、余計に運動嫌いになるから」です。

 

また、彼らは一旦「できない」「苦手」「自分には無理」と思ってしまうと、なかなかそのループから抜け出せないことがあります。

運動嫌いになれば、将来的に肥満などのリスクも上がり、「運動嫌いなので、運動しない→余計に運動能力が低下する→さらに運動嫌いになる」といった負のループに陥りやすくなります。

 

こういった場合は、楽しみながら運動を行うことが大事です。それと同時に、運動を無意識に習慣づけすることも大切になります。

今回開発したゲームでは、遊びの要素を入れながらも、体を動かすことを積極的に取り入れたゲームとなっています。

「楽しいから遊ぶ(運動の機会が増える)→体幹力や姿勢が改善する→自信がつく→さらに運動への意欲が高まる」といった、プラスのループになることが期待できます。

 

今後ゆずをご利用のお子さんにおいても、このゲームアプリが対象となりそうなお子さんであれば、お試しとして使っていただこうと思っています。

こういった活動を通して、発達障害のあるお子さんの体の課題に、多くの保護者の方、支援者の方が関心を持っていただければいいなあと思っています。

ゆずのおっちゃんが代表を務める子どもと姿勢研究所へは、以下のリンクからどうぞ。